乾燥肌

乾燥肌を改善する

「今より綺麗な肌になりたい」「乾燥肌を改善したい。」

 

乾燥肌

女性なら誰でも思う事ですが、あなたはどうですか?

 

「いろいろなスキンケアや化粧品を試しても
思ったような効果はあらわれなかった。」

 

「私は生まれつきの乾燥肌だから、どんな乾燥肌対策をしても・・・」
と言ってあきらめていませんか?

 

基礎化粧品(スキンケア)の種類は、たくさんあります。
しかし、そんなに必要でしょうか?

 

ご存じのように化粧品の種類だけでも種類はたくさんあります。

 

基礎化粧品だけでも「洗顔石鹸」「メイク落し」「化粧水」「乳液」「美容液」「メイク下地」
「ナイトクリーム」「栄養クリーム」などなど。

 

じつは、基礎化粧品の多くの成分は一緒なのです。

 

液状だったり、クリーム状だったり形状が違うだけです。

 

種類が増えれば増えるほど、お金も手間もかかります。

 

基礎化粧品は種類にこだわらず、スキンケアで最も大事な保湿を重視する事にしましょう。

 

 

>>乾燥肌へ悩む女性へ 保湿の救世主「プロテオグリカン」

乾燥肌:」豆知識

肌の乾燥によくないのは紫外線です。

 

紫外線は肌の水分を奪い、真皮にあるコラーゲンやエラスチンを変性させ弾力を無くし、
また皺やたるみの原因を作ります。

 

また、冬の乾いた空気や、冷暖房による影響、新陳代謝機能の低下で水分が保持できず
、角質層の保水力が無くなり、肌荒れや肌のカサツキが起きます。

 

角質層が正常な時は組織は整然と並んでいます。

 

しかし、感想した肌の組織は反り返り、表面がカサカサの状態になっています。

 

肌のカサツキはシワの原因にもなり、様々なトラブルの元になったりします。

 

人の肌は、皮脂膜という汗と皮質が絶妙にミックスされた薄いベールをつくり、この皮脂膜が、
外からの刺激を防ぎ、水分の蒸発を防いで肌をなめらかに整えてくれます。

 

この皮脂膜は弱酸性に保たれ細菌の繁殖も防いでくれるのです。

 

みずみずしい潤いのある素肌を保つには、
しっかり水分を補給し、乾燥を防ぎ、皮脂膜を弱酸性に保つ事が重要です。

 

 

>>乾燥肌へ悩む女性へ 保湿の救世主「プロテオグリカン」

うるおう美肌保湿美容液を紹介します。

洗顔後は、これ1本でOK!化粧水はいりません。

 

化粧水要らずの美容液です。

 

保湿成分に有効なヒアルロン酸を超える「プロテオグリカン」が配合されています。

 

「プロテオグリカン」の製造方法が第4回「ものづくり日本大賞」内閣総理大臣賞を受賞しました。

 

プロテオグリカンはヒアルロン酸の130%もの畜水力があります。

 

うるおいを蓄え放しません。

 

プロテオグリカンは、コラーゲン繊維の間で、肌やハリや弾力を与える
ウオーターバッグの役割を果たし水分や栄養素を蓄えます。

 

肌を家に例えるならば、コラーゲンは柱、プロテオグリカンは、
柱と柱をつなぐ壁の役割を果たしています。

 

プロテオグリカンが細胞の新陳代謝力であるEGF様作用を促し、
自然治癒力で皮膚のターンオーバーのサイクルを縮め、肌密度が高い、
潤いのあるプルンプルンのベビースキンをつくります。

 

 

 

>>乾燥肌へ悩む女性へ 保湿の救世主「プロテオグリカン」

 

バレンタインプレゼント人気商品TOPページ


page トップ